四柱推命で有名人を勝手に鑑定

台風特異日!?二十四節気『処暑』を解説

Pocket

 

こんにちは四柱推命鑑定士の葉利です

本日は二十四節気の『処暑』ですね

 

ですね。。。とは言ったものの、

処暑』って、聞いた事があまりないですね(笑)

今日は『処暑』についての解説をしたいと思います

 

二十四節気『立秋』の大体15日目頃に、

処暑』に移り変わります

「処」という字に「止まる」という意味があることから、

暑さが収まってくる頃と考えられています

 

8月後半とはいえ、まだまだ暑いのに、

「暑さが収まる頃?」と疑問が浮かびますが。。。

「二十四節気」はそもそも中国が発祥と言われており、

気温に関しては内陸性の中国と

海洋性の日本との間で違いがあるんです

 

内陸性の方が今の時期、涼しい(肌寒い)のでしょうね

ですから、8月の後半ですが『処暑』(暑さが収まる)という

二十四節気の時期となっています

 

この頃は、実は台風シーズンでもある為、

天候にはかなり注意が必要です

 

また、夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、

こちらにもまだまだ、注意が必要です

この『処暑』の日に、お祭りをしているところがあります

 

■地蔵盆■

町内のお地蔵様をおまつりし、

子どもたちの健やかな成長を願う催しで

8月23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。

主に、京都を中心とした近畿地方や北陸、

信州で行われているようで、

関東・東海地方ではほとんどないようです。

京都では、各町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで

花や餅などのお供物をし、

子どもたちはゲームをしたり

お菓子をいただいたりして過ごします。

 

処暑に行うお祭りがあるんですね驚きました(笑)

 

今回はここまで

 

最後まで読んで下さいまして、有難うございました

 

 

P.S.

ご意見、ご感想ありましたら

コメントどんどんくださいね

リクエストなども、お待ちしております

 

■メール鑑定始めました■

3000円で質の良い鑑定で

気軽に相談ができる

メール鑑定始めました

お気軽にご相談下さい

⇒ http://coconala.com/services/24434

コメントを残す